nico

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
雨膳茶!
[マイスウィートソウル]の一場面。

ふたりでお茶を飲みに行った場面。

こういうゆったりした場面が、韓国ドラマの良いところ。
67ty

男が「雨膳茶ですね」と確認する。

次回、絶対買おう!このお茶ホントにおいしいんだもんね!

tg89
74re
スポンサーサイト
カンシムジャン♪
昨日、一昨日と落ち込んでた私だけど

韓国バラエティ[強心臓](カンシムジャン)を見ていたら気が晴れてきた。

韓国人て、お話が大好きな人種だから、みんな話が上手だ。

本当にみんな、良い経験を持っている。

その人だけのとっておきの経験談て、やっぱ心を動かす。

他人のスゴイ経験をいくつか聞いていたら、気持ちが楽になった。

画像は、大好きな妻家坊のチヂミ。

sikb

そう言えば、一昨日、友人のきなこがこんなメールをくれた。

[ 韓国語の韓国人の先生が自分のウエディング写真見せてくれたんだけど、スゴイ

私達が結婚式で撮るサイズの写真より一回り大きい写真の15枚くらいのアルバム

になってるんだけど、スタジオだけじゃなく屋外のいろんな場所(カフェの前や

昌徳宮の石段とか)で、ウエディングドレスやローマの休日のようなドレスや韓

服を着て、見つめ合ったり目を伏せあったり、それぞれ相手を待ち侘びていたり

、雨の雫の窓越しに物思いにふけっていたり、アールデコのドレッサーの鏡に映

る自分に微笑んでたりがカラーやセピアやモノトーンで、そりゃもう思いっきり

ドリーミングな世界で。

いや?もう、韓国人の美に対する執着と、とことんやる時のとことん振りに
は脱帽

やっぱり韓国ヨジャは産まれついての女優だわ

目の伏せ方が、プロ ]

いやあ、スゴイ!!!

[でも、【綺麗な人はより綺麗に、そうでない人はそれなりに】なんつーキャッチ

コピーは絶対成立しない民族だわ

今の日本人がああいうのやると、全体的に仕立てがキャバい感じに流れそうだけ

ど、韓国人はどちらかと言うとクラシック好みみたい。

やっぱ男子が兵役とか経験してるからかな?。

男子のスタイルがいいのも関係あるかも、クラシックなタキシードが似合う。

日本人の男子ってホストみたいだもんね。]

ホント!!それってヤ!なんだけど、確かに。と、思う。

一般的日本人の趣向が、キャバい傾向を示すのは"大学でキャバクラに

バイトが公認された"ような現代、とめどない。

韓国人の記念写真がクラシックなのは、確かに格好良さの基準が、

兵役で男子の基本に微調整されるとこあるのかも。

写真を見せるお相手の範囲が、きっと広いせいもあるのだと思う。

韓国の場合、おばあちゃんのお知り合いの評価まで頭に入れて

自分たちも楽しんでっていう、写真の楽しみ方なんだろうな。

日本人の骨格は、細いし、そういうおばあちゃんの知り合いに対する配慮で

趣向を決めていない。

好き勝手しているのだ。

そして今日、上の娘と[カンシムジャン]のTVのを見ていた話していて

「韓国人と日本人の交流掲示板みたいなところで見たんだけど、

『僕は日本人の女の子と付き合ったことがあるけど、それは本当に恋愛という感じで

韓国人の彼女とは、毎日仕事に行くような感じだ。』って言う書き込みがあって

その次に書き込みをしている人も『同感だ』とレスしてて。

その違いがいかにもお国柄な感じで笑っちゃった。」と、言っていた。
チェ?ゴ?♪
bb4

友人が送ってくれたTBSのLOVETOUR
も?、最高だよ

歌も最高だし、みんな衣装もGOOD!
2PMも入れてくれたけど・・・やっぱBigbangだよ?
Fruit Heaven
sl6

韓国のデザートは
仁寺洞
sl4

仁寺洞。
行きたい。
full full seoul full
sl3

そうかあ・・・こんな街だったのか、君の街は。

8時までは、明るい。だから、うんと遊べる。もし、この街に暮らしていたらやっぱり夕方歩いているな。〔夕暮れ族〕なんて言葉を使って、夕方出歩いていた高校生。本当、こういうことは尊敬できないことなんだけど。
私は、人が好きだし人を眺めるのが好きだから。
先日も視線の合った学生(背が高くてかわいい男子)が、階段で座っている時スーパーの袋に半額の納豆が入っているのが見えて笑ってしまった。

恋体質な空気の風がソウルには吹いていたのかもしれない。
たまたま入ったCafeでガラス張りの窓際のすべてがシートソファになっているのを見た時、私たちはただただテーブルを見つめるしかなかった。そのソファには、男と女が見つめあったりおしゃべりしたりしていたから。
私たちは江南なんていうソウルの洒落た一等地のCafeで、日本の半分ほども美味しくないケーキをつつきながら「・・・ここを出たら男でも引っ掛ける?」なんて、絶対する勇気もないことを嘯き、笑った。
Junkie Night
in1


[ピヨランコリ]を観に行った。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。