nico

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
夏休み終了。
家の次女「テレビばかり見ているな」と思っていたら、案の定宿題を

ため込んでいたようである。

しぬ思いをして宿題を仕上げていたがなんとか片づけて学校へ行った。

子どもは、親の口よりも、親の背中を見て育つ。

「私の真似はしないでね」と言っても無駄なんだなあ。

5t0o

今日の夕方の散歩の空を携帯のカメラでとったの。

あのばらいろの雲の中心あたりに飛行機が南に向かって飛んでるのが見えた。
スポンサーサイト
いいね。
『テルマエ・ロマエ』のヤマザキマリの新刊。

主人公七海は、祖父と暮らすブリティッシュパンク大好きな高校生。

彼女は、かざりけのない知性ある存在にあこがれる純なおんなのこ。

わかる、わかる!

学力があっても、繊細なやさしさがなきゃ、ただのいもだし、、

半端にあたまがよくても、ひけらかしたり、偏ったりしたら

ただのうざいひと。

おかねと関係なく、自分の生き方を七海に見せる、

おじいちゃんのはっちゃけぶりがすっごく!イイんでないの!!

PIL (オフィスユーコミックス)PIL (オフィスユーコミックス)
(2011/08/19)
ヤマザキ マリ

商品詳細を見る
ソル薬局の息子たち。
son

母に録画してもらって、なかなか見れないでいたがやっと視聴完了。

それと言うのも主役のソン・ヒョンジュが以前から

なぜかどうしても好きになれないからだった。

ソン・ヒョンジュ以外嫌いなタイプの人がいないので残念だったが、

やはり評判通り、こころ温まるホームドラマだった。

ソン・ヒョンジュは、最後まで好きになれなかったが、

ソン・テプン役のイ・ピルモがすっごくイイ味で楽しめた。

ソン・テプンの素直になれない、かつありのままの色気ゼロな

オモシロさが、ドラマを最後まで爽やかにしていた。

いいなあ、やっぱり韓ドラ。

まんがだもん、これ。

これぞ、ありがちだけど!ありえない設定だから。

うそだけど、ほんとうに人のこころに響くせりふとキャラクターが、あるんだよな!

次は放置しているホ・ジュンを見よう。
えらいね、たろうくんたち。
福島原発とこどもたち

山本太郎くんとこどもたち、すごいよ。

いま、すべてのこどもたちの本当の味方は、きみたちだけだよ。

情けないけど。
ART
dantague studio

↑↓おもしろい。

1ドル札で、いろんなことばを作っちゃうアート。

dtg
GEE
gcdb

スマスマの少女時代の短コピ[しょうわ時代]。

中居くん、最高!!!

お盆です。
いとこの娘が地元のお祭りでダンスの発表に参加すると聞き、

家族で見に行った。

年中さんの彼女は、本当にやる気で一生懸命踊っていた。

「はじめから、上手なわけじゃない。たくさん練習したんだよ。」って

感じが出ていてとても可愛かった。

先日、ひさしぶりに会った友人と先日の地震や世相の話をした時、

「政治家は大概宗教団体とからんでいるよね。

○○は、○○教。○○も○○教。ミュージシャンの○○も○○教だって。」

なんて話していた。

票集めに力集めに誰もを認めさせる権威と一生の安定と立派な家に立派な車にと。

組織化したり、組織に入ったり、派閥になったり、派閥を作ったり、

戦争反対といいながら、兵を使ったり、兵になって純粋な魂をかき回したり。

結局は、自分以上の大物に骨の髄まで吸いつくされてたり…。

どこかでなにかが注目を受ければ、鷹が目を光らせていてうばい

皿の上にかざり、ほねになるまでむさぼり…。



「にんげんて、ふじゆうなもんだな。」



帰宅し、よるになって可愛いあのこが踊っていたのを思い出していた。

「じょうずだったね、おばちゃん、また見たいな!」と言うと

彼女は、まっすぐなまっすぐなひとみでにこっとこちらを見た。

…たとえば、泉の水のように透明に、ひとのいのちがのびやかに

きらきらかがやいていますよう…わたしは今一度あのこのかんぺきな

笑顔をかみしめた。
夏休みです!
わたしは今……♪と、今井美樹のプライドのようなはじまりだが、

まったくちがう。

わたしはいま[にくだよ!全員集合カレー]を作っている。

と、いうか、あまりにも肉が入っているので、出身地不信のうしさんだけ

きていないのだが、そう呼んだ。

次女がにく!が好きなのだ。

学校で「彼女の公平さがクラスに平和をもたらしています」と、

かならず担任の先生にお墨付きをいただく彼女がおそろしいことに

家では、闘争心丸出しに「にくーーーーーっ!!!」って感じになるので

「こんだけ入れりゃもんくねーな、、、」という感じで作っている。

そんでもって、長女があまーいカレーが好きなのであまい。

りんごのすったのか、りんごジュースを入れる。

夫は、ふつーの定食やのあぶらっぽいぶたのカレーが好きなようだが

これは、私の好みではないのでまず、作らない。

そうは言ってもわたしたちが夫婦だなーと思うことがある。

それは、かならずカレーを作った日に確認される。

彼が帰宅し部屋の匂いから

「え!今夜カレー???」

「ピンポーン!もしかしてまた??」

「そう、俺昼飯カレーだもんなあ・・・。」となる。

何かの波長か何かのインスピレーションか「カレーが食べたい」が一緒にある。

だから流石に最近は、出かける時にいう。

「今夜カレーにするよ。」「おー!」となる。

今日は、言い忘れたけど大丈夫かしら。
ピカルの定理。
「ピカルの定理、とドンキホーテ見てる?」と

久しぶりにTVの話が合う友人にメールすると

「ピカルの定理は最近メジャーになってつまらない。

我が家の一押しは勇者ヨシヒコだよ♪

下ネタ満載の台詞を真面目な顔でする山田孝之の顔がすごくイイ!」

あら、わたし、山田孝之苦手で見逃してたわ。

ざんねん

ピカルの定理、たしかにね。

とにかく、綾部くんと渡辺直美の茨城弁はニセモノよ。

ドンキホーテは、BGMが私は好き。

yshk


dom
「筍みたいにね、
ニョキニョキニョキっって、ビルが生えてるみたいなんだよ!

あんなクレイジーなワクワクする場所、わたしは見たことないよ!!

行くなら絶対、アンタと行きたい!いつか一緒に行こうよね!」と言っていたけど、

近頃引っ越して音信不通になった彼女。

もしかして君はあのニューヨークにいるのかい?

一緒にいなくてもニューヨークに行ったら、私は君と一緒さ。

きっとどこを見ても君を思い出すからねえ。

まったく、君ってひとが、私はにくたらしいよ。

Big Apple Bites…
nwyk
RTH
BRUTUS8/1号に載っていたロスのショップ[RTH]。

すごくパワーがある。

何度もこのページをめくっちゃった!

やっぱり、ラルフとリーバイスでデザインをやってたようなひとが

店をやると、なんともラフなアメリカのいい雰囲気だよ。

rt5
rt2
rt3
reh

ガリガリ君リッチチョコ味。
むかーし、この味にそっくりなチョコアイスが大好きだった…のを

思い出したガリガリ君。

おいしい!

ydsa
はなびのよる。
先日、毎年恒例の花火の日。

次女が、友人たちと出かけた。

この画像は、娘のおみやげだ。

どういうわけか、私はうきあしだった人ごみがだいきらいで花火なんて

家の窓からで十分だし、観なくてもとくにおしいことはない。

風流なひとであれば、ゆかたででかけて

ちょいとひとをながめたり、

出店のどっちでもいいようなものをつまんだりするのだろう。

緊張するたちなのか、ゆかたのゆるんでからみつく感じも

時々いききする他人同士のそれとない視線もうんざりして早々に帰りたいくちだ。

ああいうのは、家から数歩の場所であれば行ってもよいが、

混雑する道路を車で行くなんて粋でもなんでもない。

もしもお祭りに参加できるなら、神輿担ぎがいちばんしてみたいが、

あれは人間関係もお金も時間もかなりつぎ込むものなのだ。

yghj
hnb5

やっぱりああいうのは、何とはなしに聴こえてくる祭囃子や花火の音を

自宅で聞いているのがいちばんだな。
Martha Steuart Home Tour
英語の先生PJが「栗原はる○なんかより、全然かっこいい」と

言ってたマーサ・スチュワート。

「そんなこと、そうにきまってるじゃん」と英語で言えなかったけど、

むかしからファン。

彼女のとこからよく画像を・・・してます。

みんな楽しんでるなあ~、インテリア。

HOME TOURS

↓先日行ったココファーム。葡萄棚、ほしい。…でも蛾がくるんだって(^_^;)

pim
09m

ワイン樽がたくさんある場所にあやまって入ったら、すっごく!イイ気分で

ずっとそこにいたかった。

アロマだね、あれは。

飲めない体質で残念。
ほんとうにほしいもの。
じぶんじしんが、ほんとうにほしいものを

知るっていうことはなかなかたいへん。

ほんとうにほしいものをしるには、

じぶんを知らなくちゃできないから。

でも、これをやるために生きてるんだよね。

…おそらくは。
むかっ。
私は、毎日駅のパーキングに駐車して出かけるのだが、

出庫の際、腹ただしいことがある。

車のところへ行く前に、先に機械で料金精算してしまうのだが、

もちろん出庫の時に精算機の前を通り、清算済みカードを入れないと出られない。

その時に機会がこう発するのだ。

「料金は無料です。」

この言葉が、どうにもむかっとくる。

「払ったんですよ!」と言いたくなる。

「無料じゃないんですよ。」と。

だもんで、その声を聞かないうちに窓を閉める。

それがほんのちょっとの差で遅れるとむかっときてしまう。

と、こういうことを思う私って、なんだかさまーずの大竹のような

松っちゃんのような・・・・気がするけど、やっぱそうなんだよね。

私って、そういうとこ!ある!!おばさんなんだよね。

oooo
いまどきのいろ。

ってこんなのかな。

あとは、蛍光色。

yhf
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。