nico

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
そんときの女。
「はだぎ売れないでしょう?」

「売れないねえ~。やっぱ、さむくならないとねえ~。」

「そうそう!さむくなるとねえ~。」

「そんとき、そんとき、思いついたように買いにくるの。」

「さむくなると、即!買いにくる。」

「ああ、そんとき、そんときなんだ、客も、って思う。」

「そうそう!ふとんだってそうなの。さむいと、やれ、敷き毛布だ、温かい上掛けだって言って。」

「そんとき、そんときのあたしらもホッとするよね。ああ、あたしだけじゃないんだって。」

「そんとき、そんときが、ね?!」

「そうなの。きちんとしてるひとは、メモなんかしるしつけて。」

「見ただけでおちこむわ。」

「そうなのよ~。目的のものだけ買って。」

「そんときのあたしや、あんときのあたしが、まいにち目に付いたもの買っちゃって、ね?。」

「やっぱりね~、そうなんだあ。おなじだわ~。」

なんてはなしをとなりの売り場のパートさんと交わし、

客のいない売り場で、ちいさくもりあがる。

tdwaa8
スポンサーサイト
カーネーション。
cns1
友人ぱんちゃんが

「カーネーション、すごくいいよ!始まりのアニメーションだけでも見て」

と、言ってたので見るようになったら…

cns2

毎日、それだけが楽しみ。

cns3

日本て、ひとも町もみんなこんなに美しかったのだと思うと

なんだかすごくせつなくなる。

知らず知らずにみんな、手渡してしまったな。

こんなに美しい毎日は、コントラストが作っているのだと思っていたけど。

コントラストって…その、つまり、暗いところは異様に暗い現実があるってこと、

なんだけど…。

そんな現実を暗いストーリーを必要としなくなった今なら…

コントラストが浅くてもこの美しさをみんながだいじにできるかもしれない。

cns4

この新しい仕事場の生地屋さんの作りもよだれが出るほど夢のようだし、

(私は特にテキスタルがたくさんあるのって本屋さんと同じくらい好きだから。)

前の職場の紳士服の職人さんたちが集まって仕事する様子も綺麗でね。

尾野真千子の糸子、すごくいいと思う。

このひとだから、こんなに情感あふれるんだと思う。

ずっと糸子だけやっててほしい、くらい。

義母が、小林薫のお父ちゃん役が「憎ったらしいほど、巧い。」と言ってたけど

昭和の父親って心底憎たらしかったよね。

あの重石が、軽石になっちゃったな、いま。ふふ。

cns5

私、小林薫大好き!なんだけど…

cns6

おばあちゃんが楽しみで見てるンだよね。
ぷんぷん。
「ぷんぷん!」

ちょっと腹がたって、そう言うと娘たちが笑うので

「なんでわらうの?」と、聞くと

「だって、おばさんがぶりっこするんだもん。」と言う。

(ええー!)っと思った。

なんだ~、そうか!今のコは、ちょい昔のさとう珠緒のプンプンなのか。

(…それか、浅野いにおのおやすみプンプンか。)

私のぷんぷんは漫画の吹き出しのぷんぷんなんだよ、永遠に。

↑と、むすめたちに言ったら「えー!じゃあ、そうとう怒ってるンじゃん!」

と、驚いていた。そだそだ!

20i7
庶民派!!!
約30年前「お茶の間歌謡曲を作りたい。」と

発信したのがS.A.S.(サザンオールスターズ)。

それを聞いただけで鳥肌がたった。

お茶の間で愛されるような歌謡曲。

ラジオから流れる曲が、バラバラに動いてる家族を

ひとつにしてしまうことってあるでしょ?

それって、ミラクルな時間だよ。

ひとりの人生の一コマにぴたっと、時に語りかけ

励ますようなそんなTVや音楽。

そういうくくりが、私は大好き。

zsaqx
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。