nico

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
近所で
dsa

いちばん、好きなパフェ。


腰の曲がったおばあちゃんが、作ってくれるのデス。
スポンサーサイト
ただいま、増加中。
これは、もちろん体重のこと。

花粉症の症状がこわくて、犬の散歩が一日に1回、

それも時間短縮のため、たぶん今、かなり太っている。

その上、ひどく甘いものが食べたい。

mmkj

今日は、友人とSA○Aへ行った。

地元の老舗珈琲店だ。この店は元々、映画館を営んでいた経営者の代が変り

珈琲店になった場所ですごく店舗も庭もすてき。

写真をとるのを忘れた!

友人は、本の虫の様なひとでいつも作家と時代と文化のはなし。

とは言っても私は、たいして読まないのでついていけないかもと思ったのだが。

「高木の○子を読んだけど、だめだった。アタシは、やっぱり、お洒落なのって

だめみたい。うまいし、なかなかのものだけど。私はやっぱり男の作家が好きなんだよ。」

わかる気がするな。

私が、読んだことないけど武田百合子とかに感じるものかしら。

彼女は、ハンサムすぎる気がする。

男女を問わず、男前な文を書く作家が好きだけど、これもすぎれば

嫌味なのよね。さわやかでもないし。

「今はね、娘のすすめで<湊か○え>読んでたけど、はじめの<告○>以外は

全部何が言いたいのかわからないの。で、残忍な場面ばかり目立つの。

流石にアタシはもう読めないって娘に言ったよ。」

「ああ!あたしもね、若い頃、大藪とかルースレンデルとか、やーなものばかり

読んでたけど、あれはね、若い頃って自分の中の暴力的な激しさを

昇華するために読んでたんじゃないかと思うの。そういうのが必要なことって

あるのかもよ。とくに妙に正義感が強かったりすると。」

「ああ、そうかもしれないね。」

そして、またまた話題は大島弓子のことになった。

彼女が私たちの世代に与えてくれた文化は、なみなみならぬもので

あらゆる文学の起点としてマンガと言う空間を通し、12や13のわたしたちでは

知り得ぬ文学へ導いてくれていた。

だから、某有名作家のだいどころとかいうタイトルの話やまた別の作家の

色彩にとんださま、というタイトルのはなしは、すべて彼女のはなしに

ヒントを得て作ったずる作品にかんじちゃうよね。とかと、話した。

自分が作家になったとして、一生に一作品しか書けないのと、

シドニーシェルダンのようにあれもこれも書いちゃうのとどちらがイイかな?

と問い、やはりお互い一作品のほうだろう、と話した。

つーか、いずれにせよ、にんげん、よっぽどじゃない限り

似ているものしか書けないよね。と。

一人の人生の経験なんてそう多くない。

彼女は「安部公房を50歳記念に読破するんだ、45歳記念で三島由紀夫を

読みかえし読破したから」と言っていた。

私は、彼女にサガンもアガサもつかこうへいも教わったけど、

私は何も彼女に教えてないなあ。
手帖。
友人の真似をして、家計簿つきの手帖にしたが

いまいち使い勝手がわるいので、レフィルをカスタマイズして

あたらしい手帖をつくった。

なんだか、おかねばかりかかってしまった。

やっぱり、おもいけれど大きい手帖がよかったなあ。

もったいないので、わすれちゃおう。

mmg
日々のこと
okdc

15年ぶりの友人と「じゃあ、お昼でもたべる?」となり、

zxsa

おひさまサンさんの海の見えるお店で、一緒に過ごしたが…

とくに話もなく。すこし・・・さびしい気持ちで帰ったが、

[思えば今日の風景は、私にとっては、旦那とでもない、こどもとでもない、

あなたと見る風景でした。]

というメールがきてほっとした。

彼女の家からは、もっと近くにこの海が見えるのだ。

hbgf

確定申告は、思いの外、すんなりと終り。

plki

誕生日がきた。

ありがたいことに4人の友人が、私の誕生日をおぼえていてくれた。

忙しさに紛れず、彼らのきおくの中にわたしはそんざいしていた。

なんという幸運だろう。

長女が学校帰りに「ケーキバイキングしようよ!」とケーキを買ってきた。

誕生日に私が大きくなるより、娘が大きくなっていた。嬉しかった。

vvbg

さあ、のこりの人生は限りなく踊るように愉しく生きていこう。

gvfd

日々は、このポジャギのように…あるとき、その全体が目に入る喜びのために。

8bnvc
まだ途中だけど…
あとがきに書いてあるこの文。

[昔むかし、あるところに、七人家族が暮らしていました。『戦後日本』と表札が出ていました。家族は両親と、五人のきょうだい。『日本国憲法』『民主主義』『市場経済』『科学技術』『文化芸術』と言う名の、いい子たちでした。でもある日、五人とも、養子だったことがわかります。「キリスト教」という、よその家からもらわれて来たのです。そうか、どうりで、ときどき、自分でもおかしいなと思うことがあったんだ。そこできょうだいは、相談して、「キリスト教」家を訪問することにしました。本当の親に会って自分たちがどうやって生まれたか、育てられたか、教えてもらおう。忘れてしまった自分たちのルーツが、わかったらもっとしっかりできるような気がする。]

おもしろそう!と思う読み始めたところ。

ふしぎなキリスト教 (講談社現代新書)ふしぎなキリスト教 (講談社現代新書)
(2011/05/18)
橋爪 大三郎、大澤 真幸 他

商品詳細を見る
いいね!
このCM。

新しい自由

あたしは、ほんとに…ひとが好きで、人生がすきだなあ。

愛すべき・・・ひとの片鱗ばかり眺めてるよ。

hvf

bvc

vvu

cxz

hhb
震災の夜。
ああ、あれから1年なんだよ。

この1年が長かったような、短かったような。

あんなにたくさんの、いろんなことがそれぞれの人生におきた日を

みんな忘れられないだろう。

私の一日だって被災はすくなくとも…まるで映画のようだった。

tmkj
夕べは…
昨夜はTV[最後から…の恋]の9回目、オモシロかった。

nbg

毎年のこの時期のしごとで(確○申告)ブログを更新できてません。

だけど、あたしはげんきなの。

vfc
こんやは、
餃子にした。

今日は、英語のクラスが、先生のインフルエンザでダメになった。

いぬのさんぽをちゃんと2回できた。

おふろにも2回はいれた。あはは。

あしたは、きらきらの晴れになりますように。

rfd
今日の
カーネーション。またまた、よかったー。

ゲームの様な仕事に何の情熱も見いだせない糸子。

そう。かずを増やしたり、かずの流れをつかむのってきっと

時代に乗っている時は、たのしいんだろうけどね。

ただ、ただ消費されていくものを売るのではなくて

ただ、ただ儲けるために作るのでもない。

糸子が、洋服の作り手としてただひとつ、ひとに届けてきたもの。

それは、希望とか夢とか、生きていくのに必要な形のような

たいせつなもの、だったんだろうと思うよ。

kb
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。