nico

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
[家族のうた]
低視聴率で打ち切りの[家族のうた]、我が家では大人気。

すっごく、よかったのに!!

高視聴率の裏番組だってことが、敗因だと思うよ。

そうでなかったら、きっともっと見る人がいたはず。

どうでもいいドラマの裏がどうでもいいドラマだったら、打ち切りとかないはずだもの。

オダギリジョーにぴったりの早川正義のうそごまかしじゃない本音がなんだか、

すっごくじぃんと染みる。

にんげんて大概、誰もが、自分のなかにどうしようにも社会に迎合できない

やっかいな部分をもっているもんだと思うの。

そういうやっかいな自分と一緒にただいること、

それを生きるだけで、金メダルだと思う。

そういうことを感じさせてくれるドラマって、そうはないよ。

あたしはロックとかあんまり聞かないけど、このドラマのロックはわかるよ。

あと1回だけど、社会的成功とかそんなのとは関係なく

正義らしいロックを見せてくれる気がする。

ブラボー♪[家族のうた]!!

視聴率は悪くても、このドラマが大好きな人はたくさんいると思う。

sig
スポンサーサイト
2012/05/27(日) 23:41:54 | TV | Trackback(-) | Comment(-)
思い出。
友人とインド人がやってる安くて美味しいカレー店で食事をした後、

買い物をして彼女の家でお茶をすることにした。

他人の噂話や自分たちの長女のの類似点に一喜一憂しながら、

愉しく買い物をするうちに少々、買い物の量が増えていた。

支払いを済ませて袋につめる段階になり

友人が小さく絶叫し私の名を呼んだ。

「なによ」と言うと

「ちょっと!だめじゃない。車に乗ってるつもりで買っちゃったじゃない、私ら。」

「アレー、ほんとだ~。どうしよ。」

二人ともショッピングバックを一つしか持っておらず、外はざーざーぶりの雨だった。

そのあとの私達の様子と言えば、想像がたやすい。

からだを丸めて両手で荷物をかかえるように持ち、傘を空いてるところへ

つっこみ、雨風の中を笑いをこらえて歩いた。

主婦と言う人種は、なぜこういう時たかだか5円の袋にお金を出し

楽することを思いつかないのだろう。…と、今、気がついた。

ijb
2012/05/24(木) 08:58:23 | Everyday | Trackback(-) | Comment(-)
そうなんだよ。
友人は、こよなく海を愛している。

息子の名前も、犬の名前の名前も海の文字入りで、毎日海を見て暮らし

海スポーツこそしないが海岸を散歩しているにちがいない。

そうしてすっかり、彼女のグランドには海が見えるようになった。

私は思った。ずっと海を愛し続けたことで海のほうでもすっかり彼女を愛するように

なったのにちがいないのだと。

今日、またべつの友人と演劇の話をしていて、あるトンデモナイ俳優の話になった。

トンデモナイ俳優とは、昨年見た小さい演劇に出演した年老いた俳優のことだ。

彼は、台詞は忘れる、間違う。しかし、なんとも心に残る俳優だ。

彼のたったひとことが、その舞台の誰より残る俳優のことだ。

有名でもなんでもないのだが、その演技には余裕があり幅が感じられる。

そして、私は海好きの友人の定義を彼にもあてた。

「舞台が好きで好きで大好きで、愛し尽くした彼は、もうすっかり舞台から

愛されるようになったのにちがいない。」

それは、それは、すごいこと。

目に見えない財産とは、このようにして創られるのかと私は感慨にふけった。

lmj
2012/05/22(火) 22:18:11 | Everyday | Trackback(-) | Comment(-)
1990。
このDKNYの雑誌広告は長いことアタシのアイドル。

たぶん、90年代のものだ。

いいなあ、こんなに可愛い足を持って。こんな風になれなかったから

ずっとあこがれだ。


2012/05/13(日) 20:54:40 | Welcome | Trackback(-) | Comment(-)
半夏厚朴湯
以前から、友人に教わってあったこの名前の漢方が入っている胃薬<ストレージH>を

飲んでやっと、昨日あたりから、うつうつが取れ、喉の違和感が治まってきた。

ああー、なんとか生活できそう。

よかった!

nmj
2012/05/12(土) 08:11:20 | Everyday | Trackback(-) | Comment(-)
体調不良。
旅行から帰った翌々日から、人生にこんなに体調が悪かったことはないな、ってくらい

体調が悪い。クセになっている膀胱炎と更年期がまとめてやってきた。

今日も仕事を最後までできずに帰ってきてしまった。

こんな調子でこの先、働いていけるのかしら、心配。

gfc
2012/05/08(火) 22:16:04 | Everyday | Trackback(-) | Comment(-)
Seoul Soul
6年ぶりのソウル。

みんな、ひまさえあればソウルに行くようになったけど、

確かに。前回はただぼーっと漢南辺りをぶらっとして、

仁寺洞でお茶飲んだくらいだったけど、ターゲットをしぼって

いろいろ周るのがソウル通なのか。

bvx

東京のようにサクサク動けて、古都の趣も味わえて、湿気もなくて

みんなハワイと同じくらい好きになるはずだね。

近くて、安くて美味しいものがたくさんあって。

身体は、南島の方がほぐれるけどね。

新羅のビュッフェは、噂通り美味しかった!

でも朝は、韓国料理のおかゆとかスープの店にも行きたいもんね。

次回こそ新羅に泊まりたいけど、朝食は1回でいいや。

kbk

次回は、友人のおススメのように韓国らしい場所にターゲットをしぼって

周りたいな。

hoz

というわけで、行く前は一切見てなかったガイドブック、

帰ってから見てワクワクしているという…アハハな私です。

おやすみ~

yur
2012/05/07(月) 21:26:22 | Everyday | Trackback(-) | Comment(-)
私たち世代。
[小さいおうち]に引き続き読んだ[平成大家族]。

これも私、バカウケ!

きっと、英語脳が発達していて、幸福な思考だと、こういう文が書けるんじゃないかと思う。

こういう比喩は、好きではないが、日本のスティーブン・K.のようだと思った。

なんというか、普通の人々への限りない愛、みたいなのが後ろ盾にある。

それが、人生のどんな悩みさえ、喜劇にしちゃうようなHappyな文章を作っている。

作家ともなれば当然なのかも知れないが、公平な物の見方や、単純な道理を小難しくなく

サラッと表現できる稀な作家だと思う。

平成って何にも確かなものがない、ただ人との関係や自分の心が

明るくなるものだけが頼り、のような時代だから、この家族模様は、

私たち世代の不安と幸福そのままに感じた。

あ~、オモシロかった~♪

hsd
2012/05/05(土) 08:42:54 | 読書NOTE | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。