nico

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
毎日。
u0

あさ、電車に乗ったら、嵐がいた。

u9

母達とバスで東京へ行き、お茶漬けを食べました。

美味しかった。

u8

特にこの冷や汁が。

私は胡麻味に弱いです。

u6

パルコ劇場に行く時、すごく可愛い女の子の元気な歩く姿をキャッチ。

u5

帰り道のタワー。

u4

また別の日のランチ。

お店の入り口が、家にもこういう空間、あったら便利だなあ、と。

tgt

昨年辺りにできたらしい、珈琲やさん。

なかなかアットホームな空間で、家族連れのためにビスコとかバラ売りの

チョコとかも並べて売っています。

gvg

珈琲味のチーズケーキが、おいひい~!

おみやにイイナ。

私は、最近話したいことが、ない。

すこしつまらない。
スポンサーサイト
2012/06/29(金) 23:25:34 | Everyday | Trackback(-) | Comment(-)
カラオケムービー
友人と集って、カラオケに行った。

カラオケ映像を見ていつも思うのは、大概の歌詞とありふれた男女の行方…

というのが、噛みあおうが噛みあわなかろうが歌と合ってしまうってことだ。

歌詞の中のストーリーに合わせなくても男と女が悩み苦しみ、再び会うシーンでも

撮影し、該当しそうな数百曲のビデオとして使ってなんら違和感がないようなのだ。

変だけれど、そんなふうなのだ。

解釈を変えても画像が合うってのは、なんだか、

受け取るひとによって変る人生の意味のようだよ。

aal
2012/06/29(金) 21:32:49 | Everyday | Trackback(-) | Comment(-)
わんこともだち。
家に誰かがいる時は、ゲージを開けてリードを延ばしてある。

そういう日、犬は決まった時間、玄関に続く階段のところで誰かを待っている。

家の犬にクラッカーをくれるおじさんや、お友達を連れたお母さんが

散歩の時に家の犬に挨拶をしていってくれるらしい。

知らないうちに、その数がたくさん増えているようで

散歩の時に犬を連れた知らない人から声をかけられる。

今日は、私と散歩からもどってくると、二匹の白い犬を連れたおかあさんが

待っていた。じゃれて遊んでいるとまた二匹犬を連れたお母さんがやってきて

犬は、さらに五匹となった。みんな犬が大好きなようだ。

先日は散歩の時に田んぼの脇を通ったら、農作に来ていたおばさんが、

声をかけてきた。「家も犬を飼ってるけど知らない人がきてもほえないの。

そいでおとうさんが言うのよ。家の犬は、無口なんだって。」と話した。

私は、笑った。犬は、何もしゃべらない。

だけど、お友達だってできるし、信頼だってされるし、愛されている。

すごいな。ほんと。

dsx
2012/06/07(木) 05:08:48 | Everyday | Trackback(-) | Comment(-)
三文芝居。
長女の専門学校見学に家族で行った。

その帰り、それは起こった。

勝手な行動を始める長女と父親との間で。

よりにもよって、駅前で大きな声で言いあう二人。

本人たちは、本気だけど、なんだか三文芝居のようだ。

「恥ずかしいよ。」私と次女。

「まったく、今まで小さい時から小出しに叱るべきことをこんな都会のまん真ん中で

大声で消化するなんて、性質が悪いわ。」怒って、長女に「一人で帰れ」と駅に残し

車に戻ろうとする夫の背中につぶやいた。

ほんとうに、家族と言うのはみっともない、格好わるいものを内包している。

(ああ、母親と私しかいない家族になく、あの人たちにはあるなあ、と感じていたあれって

これだったのね)と、ふと思う。

長女は、私に似て頑固だし、夫に似て勝手だけれど、18で感謝を知っているなんて方が

私には、考えられない。そんなの私の子供じゃないでしょ、きっと、と思い、涙が出る。

「私は、感謝を知るまで40年かかったのよ。まだまだ旅の始まりだもの。

人生、最後の日にありがとうって言ったっておそかないし、きっとそう言うのよ。

貴女たちは、私のすべてなんだから。」そのうち、娘たちにそう言ってやろう。

ああ、だけど、ほんと、この家族の三文芝居、ださいな、つくづく。

ダサいダサい。

knmb
2012/06/04(月) 01:32:24 | Welcome | Trackback(-) | Comment(-)
最終回。
[家族のうた]の最終回。

すごく良かった。

涙がぼろぼろ出る人もいると思うけど、私はこれ、

じんわりと胸が痛い、涙がすうっと伝う、そういう感じの感動だった。

試されている時に、自分自身でいるっていうのは、勇気がいることだよ。

けれど、できたらそうでいたい。どんな人生もスペシャルなものだから、ね。

斎藤和義の唄う[月光]もいいけど、

エンディングでオダギリジョーが歌った[月光]がかなりよかったな。

なんだかインドに影響受けた、ジョンの曲みたいなアレンジで。

彼が歌ったのは、いろいろなとこをMIXしてたけど

この2番のはじめは同じだった。この歌いだしがいいんだな。

♪おれはおれになりたいだけなんだ、ただそれだけなんだ、だれだってそうだろう?

ロックンロールにおそわったことは、ひととちがってもじぶんらしくあれってことさ。

そしてあいとへいわ。そいつのいみをさがしている。

あっちのせきでおっさんはいったよ「おれは、100にんのおんなとねたぜ」

こっちのせきじゃわかものが「おとこのかちはなにできまるのかなあ?」

そしたらとなりのおんなが「そんなの家族にきまってるでしょお」

OH!YEAH!!

つきもみえないよるになにかがひかりだした。

きのせいなんかじゃない、たしかにむねのおくのほう。

あいされたいとねがうひとでどこもじゅんばんまち。

それぞれのうたうたいながら、よるをこえてく。♪♪

劇中、いろんな表情を浮かべるオダギリジョーがすっごく可愛かった。

ホントにファンになっちゃったな、あまりにも早川正義で。

すごく感動しちゃって、ねむれないな、こりゃ。

dkbv
2012/06/03(日) 23:54:13 | Everyday | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。