nico

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
時給700円
63b

私の住んでいる地方では、時給700円前後というところが結構ある。
そうかと思うと850円とか900円とか東京並みのところもあるけど・・・。
でも750円から800円が、まあ妥当なところだ。
地元では盛んなとある珈琲店に働いている知人の娘がいるのだが、彼女はこの2年間時給700円だった。
とうとう最近、彼女は退職することにしたらしい。
私が、昨年働いたCAFEも時給700円だった。
自分としては売上の少ない店だったので仕方がないと思った。
(が・・・そこに勤める先輩のパートさんも、やはり2年700円だと言っていてなんだか疑わしい気分になった。)
しかし、その娘の働いていた店は、それなりの純利益をあげている店だと見当がつくのでなんだかやるせない。
こういうあてどもない店に働くと、自分たちがオーナーのライフスタイルの実現のために働いているような気になる。
時流にまかせた不平等は、ブランドの信頼にかける。
オーナーは、自分のブランドを内側から守るべきだと思うんだよね。
・・・だって、雇う人間は最も素晴らしい顧客なんだからさ。

それにしても、この金額に慣れたせいか、私は先日時給1400円の仕事をあっさり断っちゃった!
ちょっとだけ、遠いという理由一つで。
・・・チャンスの神に後ろ髪なし
かみさま、またね!
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。