FC2ブログ

nico

たとえば自分の色の
組み合わせがあって、それは世界の流行とは無関係だとして

そういうお洒落をすることは、自分の魅力を育てると思うよ。

アメリカは、インターカラー(数年先の流行色を決める協会)に入っていないと言う。

jc1

上は、J・CREWのサイトの提案なのだけど

「やっぱりアメリカの色彩感覚ってフレッシュだなあ」と思う。

もう幾分飽きてきたベリーなピンクも、こんな合わせ方すると魅力的。

操る意図があろうとなかろうと、引き寄せられる、色の組み合わせ。

jc3

美しいんだ。

jc4

iPhonにしてもiPadにしてもこの国の製品が

世界に放っている魅力は、[自由な新しさ]なんだよね。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
毎年、各メゾンが打ち出してくるカラーに憧れたりするけれど…それを全て取り入れるのはお洒落の個性が無くなっちゃうよね
だけど年齢を重ねて自分の色ばかりでは何かしら物足りない私も常にベーシックな色の服が主流だけど、チャコールにベリーピンクやピスタチオグリーン
そして冬は必ず全身黒に赤のストール+赤のバッグ色を足すことで、失われていく自分自身からの輝きが補われ顔色が華やぐ気がするの人生もそうだよね…色んな色が+されて輝きが増すんだろうね
とにかくお洒落は楽しむことが何よりよね。
ただし、若作りをするってことじゃあない
誤解してる人、多いから
2010/12/23(木) 13:07:24 | URL | saori #-[ 編集]
saoちゃん、おひさ♪
ほんと、ほんと!!
「これが、流行ですよ」って言われても響かないものってあるの。
今年の秋冬、流行色だったキャメル。
あれが似合う日本人は、肌の色から考えれば似合う人は少ないはずなの。
だけど、どんどん流されて取り入れてしまってる人いそうだよね。
saoちゃんのように、自分が華やぐ色を持ってる方が流行色を取り入れるよりずっと自分の匂いのするお洒落ができると思うよ。
雑誌に載るようなCOOLな流行のお洒落って格好イイけど、本人の愛着を感じさせるようなものや、
まったく知らない人でも素敵って感じさせる個性がやっぱり「いいなア」って思うものだよね(^^♪

若作り、と、言うか…
自分がどうすると若作りに見えるか、あんまり考えないんじゃないかな。
私も最近、普段着にスニーカーって言うのはやめた方がいい、と判断したけど
中年がスニーカーを履くのは、T.P.O.を適切にしない限り、本当にアジアのおばさんらしくなるんだよね。
体型と歩き方から判断した話で言ってるけど。
仕上げにブランドバックっていうのもアジアのおばさん。
何も気にしなきゃ、もちそれで良いけど…
せっかく高いお金でブランドもの買うのにセコイ仕上りにまっしぐらって可哀相な話でしょ。

(かと言ってね、それもお洒落というくくりでの話なのだけどね。
たとえばそういうアジアのオバサン的な友人には、全く痛快なくらいの人間としての大きさがあったりしてね。そういうの私、大好きなの\(^o^)/)
2010/12/24(金) 00:18:41 | URL | ささ #RuBj8cxQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.