nico

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ちんどんヘドウィグ
長女が[ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ]のヘドウィグみたいなチンドン屋みたいな化粧をして友達とプリクラを撮りに出かけた。

「スゴイ盛りですね?、ヘドウィグ・アンド・アングリーインチのヘドウィグみたいでちんどん屋みたいだわ」
「やめてよ?、ママー!
いつもそんなへんな言い方するんだもん!!
私が楽しくやってるんだから、いいでしょ?!
やってみたいンだから?。
私は飽きっぽいからたまにこういうことするのが、普通っぽい自分を保つコツなんだって」
「あれ、コレ良くない?[ちんどんヘドウィグ]って、なんかね」
「うん、いいね」

「ところでさ、そんな化粧した日に翔君に会ったら、どうするの?」
「ガーン」
hatin

女の子は、早熟にさせるのが怖いものだ。
だけどもしロックな魂なら、そりゃ血筋なんだから仕方ない。
そういうもんだよね。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。