nico

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
老人ホーム。
言えば、責任がある取り返しのつかないことだけど。

できたら、親は他人の手を多少借りてでも

彼らの家でみとりたい。

80の義母は、一人暮らしだ。

見栄や幻想にあやつられ、息子たちと暮らし苦しむ知人たちを横目に

「さびしいでしょう?とか言われるけど、何言ってんのかしら、このひと?って思うの。

他人と暮らすわずらわしさに人生のほとんどをうばわれているくせに。」

そんな義母が「私は、やなの、病院で介護されながら死ぬのは」と言った。

「私もだよ、あんなとこで死なせないよ!」

さも、きれいな病院で行き届いた管理だとしても

ものすごくいきぐるしそうだ。

祖母がつるつるぴかぴかの病院で、もうする必要もない痛い治療を

みどりもみえない窓辺のへやで受けて辛そうにわめいているのを見た時、

私には、それを阻止するすべもなかった。

er4v7y(コクーン。この映画大好きだったな。)

そして「こんな日本の社会に巻き込まれるのはごめんだね」と、思った。

もうじゅうぶんすぎるほど、生きた人たちに無作法じゃないか。

できればかれらが、かわいがったみどりを見ながら横たわれる自宅がいちばんいい。

みんなは、みんなだと思うし、それぞれの事情があるし、私にできるのか、わからない。

だけど、私はいやだ。

ジャージを着せられて、べたべたとみんなで歩くようなそんなばしょで生涯をとじるなんて。

さいごの日まで、がんこに意地を通していてほしい。

「あんな場所で死なせないようにがんばるから、おかあさんには

がんばってもらうしかないんだよ、ごめんね。」

「うん、がんばるよ!!」

そんな会話をして、自分がつくづくおにのような気がするけど。

私も年をとれば、つきあたる現実になるだろう。

できるだけ、定期的に電話したり、行かなくちゃ。

ぼけたり、足をけがしたらおしまいなんだから。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。