nico

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
1 to 1
あたしは、たくさんのひとと交流するにはするが、

最終的には、1to1の付き合いしかしない。

なぜだか、どうしてもあたしはそうなる。

リアル友とか、ネット友とか、そんな意識的な違いというのは

あまりしないし、よくわからない。

顔見知り程度のおしゃべりというのは、距離を保っている分だけ礼儀正しい。

たとえば、困っていることがあって、相談をしたりされたりする。

相談する、ということは、状況を変えたい、という仕草だ。

しかし、ほんとうには、変える気もなく相談するひとがいる。

そういうのって、本人は知らずにやっているようだが、不誠実な行いだと思う。

つまり、すんでになって行動するのが面倒になりどうでもよくなるのだろう。

問題はなかったと、思いはじめる。

聞いたこちらの方が問題を問題にしたのだとさえ、思わされる。

そんなことをする自分について、そういうひとはあまりにも疎くにぶい。

この歳になると、流石にそういう輩を見破る目を持っているが、

それでもふたたび、ひっかっかってしまう残念なあたしがいる。

「自分の頭の蠅も追えないで」と思い、悔しい思いにふたをする。

私は傷ついたけれど、そのひとの問題に問題はなかったのだと理解する。

私は、明日からもっとふまじめになろう。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
ワタシも…
1to1だなぁ~
よくリアル友とネット友とは分けてるって聞くけど
私のなかには、そういう意識をする付き合いのほうが煩わしい
リアルの人には見せる自分、ネットの人にはみせない自分、そんな器用じゃないし、そんな付き合いは私にはいらないことなの。

友達になったら、向き合っちゃうからね私は

たくさんの人と関わりたいし話もしたいし…でも友達とは違うニュアンスだな…
よく相談事をしてくる人が私にもいる。
真剣に向かい問題の真髄に触れる回答をしたら妙に不機嫌になられた
ようは相手は話をするだけで、もう問題は終わっているのね…

相手に本当の答えなんか求めてないんだよ…
なんだか、こっちが悪かった気にさせられる。

そういうの分かってきたから
もう逃げるが勝ちって感じる…
本当に問題を解決したい時こそ、なかなか人に話せないものだ…

ふまじめに聞くとしようといつも思いながら、真剣に聞いてしまう…バカだ
2012/01/17(火) 13:15:55 | URL | saori #-[ 編集]
やっぱりね。
そうだよね。
そういうことってあるある。

私は、たいがいのことって
そのひと自身の意識がどこを向いているかってだけで
そのひと自身のどこかをかえようってことではないと思うの。

でも現状に不満を言ってるほど
きっと現実がきつくもないんだろうね。

そういうひとは、みんななんとなく、生きてるのか、となんだか妙なところで納得するよ。
2012/01/19(木) 23:35:40 | URL | ささ #RuBj8cxQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。