nico

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
まだ途中だけど…
あとがきに書いてあるこの文。

[昔むかし、あるところに、七人家族が暮らしていました。『戦後日本』と表札が出ていました。家族は両親と、五人のきょうだい。『日本国憲法』『民主主義』『市場経済』『科学技術』『文化芸術』と言う名の、いい子たちでした。でもある日、五人とも、養子だったことがわかります。「キリスト教」という、よその家からもらわれて来たのです。そうか、どうりで、ときどき、自分でもおかしいなと思うことがあったんだ。そこできょうだいは、相談して、「キリスト教」家を訪問することにしました。本当の親に会って自分たちがどうやって生まれたか、育てられたか、教えてもらおう。忘れてしまった自分たちのルーツが、わかったらもっとしっかりできるような気がする。]

おもしろそう!と思う読み始めたところ。

ふしぎなキリスト教 (講談社現代新書)ふしぎなキリスト教 (講談社現代新書)
(2011/05/18)
橋爪 大三郎、大澤 真幸 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。