nico

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
空港。
ソウルに行ってきた。

久しぶりに成田空港を利用したら、以前とあまりに違っていて

なんだか、あっけにとられている。

2006年の時にもすでに消え始めていた空気が、完全になくなっていた。

ソウルももう、昔のソウルではなかった。

1960年代の横浜の桜木町、根岸、本牧、横須賀は凄いエネルギッシュだった。

米軍が持ち込む生のアメリカの空気と発展途上の日本の好奇心とが混ざって、

そこいら中が、生きる力でぷんぷんと溢れていた。

あんな魅力的な空気を私は、あれから一度もしらない。

私は、夢のある時代の空気を吸ったのだろう。

zo3

それから時代は流れ、みんなが兼高馨になり、みんなが見城美枝子になり

成田空港は、ワクワクであふれていた。

そうだ、やはりそれは、2000年くらいまでの話なのかもしれない。

いまや、弾丸トラベラーたちは、山のように国の玄間を出入りして、

あの場所に、特別なオーラは無くなったのだ。

DUTYFREEの外国の香りも、歩く外国人も、特にどこかの駅と変りない。

さびしいけれど、つくづく時代とは生ものなのだと感じた。

けれど、さびしいことばかりじゃない。

jpn

今回初めて、帰国の着陸までの間、上空から日本を見て「日本は、豊かだ。」と実感した。

なぜだろう。なぜそう思うのか、解らないが、日本の国土は、美しい緑に縁取られ、

それぞれの場所に暮らす人々が愛し、守っているものがあると感じられた。

それが、巷の騒ぎのない上空からだと、余計に実感できた。

日本人の魂は、自分が思うよりずっと、深くて清らかにこの国を覆っているのだと思う。

私は、そう信じている。
スポンサーサイト
2012/04/30(月) 01:32:52 | Everyday | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。