nico

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ふまん。
「ささちゃん、思わない?学校卒業して随分経つけど、ホント学校って相変わらず面白くないよね?」
幼馴染がそうつぶやいた。
「学校卒業して、ヨカッタよ。寝るしかないような覇気のない授業、もう聞かなくていいんだもん。」
同感だった。
ワクワクする伸び伸びする授業。
そりゃ学習事体の中にはあったかも、だけど、そういう授業をコミットして「自分は芸人だ」ごときに教えるエンターテイメント性の高い授業って受けたことなかった。
ま、一流大学いけば、そういうこともあるのかもだけど、それじゃ意味がない。
普通の学校で、質の高い授業を出来る人をゴロゴロだせなきゃ。
あれから、20年以上経って、それだけ時間が経てば、そういう人が義務教育にだって、ちらほら出てきても良さそうなんだが、そういう進化はみられない。
みーんな、騙されているのだと私は思う。
管理しやすい社会を作って儲けている誰かに騙され続けている。
日本人は、真面目過ぎる上に、社会のすり込みは、絶え間ない。

気が付いたら、そろいのジャージ上下を着せられ、エプロン姿の保母さんのような若い人に音頭をとられ、並んで黒板の文字を読みながら歌ったり、その姿で並んで歩道を散歩しているかもしれない。
あぶないから介護用シューズをはかされ、動きやすいからジャージの上下を着せられ、そうやって名無しの顔無しにしたてられていく。
少なくとも、今のほとんどの老人になりうる人たちが、そういう社会に迎合していくだろうと…思い込んでいる。
ちがう、ちがう!違うんだよ。
それ自体が、もう、まったく違うんだ。
もっと美しく、もっと誇らしく、もっと、正々堂々と老いていくべきなんだ。
それを選ぶべきなんだ。
たしかに、すごく大変なことかもしれないけど。


私は、最後までひとりで生きようと思う。
少しは手伝ってもらうけど、そうやってがんばって生きてる老人もけっこういる。
35年、学校もたいして変えられなかった。
老人の未来も豊かに変えられなかった。
これは、私達、ひとりひとりの夢のなさに比例してるわ。
お金なんか、関係ないわ。気持ちの問題だわ。

ま、もちろん部分的な話ではあるけれど。

ksmbky
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。