nico

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
寵児たち。
今朝、[あまちゃん]の後に林真理子がでている番組を観た。

私は、AKBの選挙など興味はないが、今回ばかりはおののいた。

指原梨乃と言えば、とてもふてぶてしい野心家で有名なあの子が?!

友人の誰ひとりにもアイドルになるとか、どういう夢があるとか告げず、

さっと地元から消えるように上京したというあの子。

ただありのままに、自分の野心を隠すことなく生きている子。

あの子が選ばれるとは、世の中は本当に変ったのだと思った。

ふつうの子のように仲間に迎合する、熱いお芝居をやってのけない

もともと一人だから…みたいな、そんな子。

今までなら、性格の良さそうな顔もカワイイ、そういう子をみんな選んできたじゃないの。

でも、この一見どんくさそうな、顔だってすごく可愛いってわけじゃない、性格だって

本人が言うようにねじまがったところを持っている、そういう子が選ばれた。

ネットの選挙速報でそれを見た時、驚きと共にすがすがしさを覚えた。

もう時代は、ぶりっこを求めていないのだな、と思った。

そして、今日の週刊現代のかいつまみの対談が、素晴らしかった。

shr

「ああ、確かに!ああ、確かに、この二人は似ているわ。」と感じた。

その容姿とは、うらはらにとてもとても戦場が似合う。

二人ともすでに無敵だが「無敵なんか知るか。お前も戦え。」と

挑発しているような存在感だった。

0ijh
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。