nico

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
花森安治
kurashi

上質なグラフィック。
なぜか叔母が「暮らしの手帖」を毎月とっていた。
叔母の家に遊びに行くとこの本以外になかった。
だからすり込みのようにこの本を見ていた。
その頃は活字を読む方ではなかったので大きな文字以外は目もくれなかったけど・・・。
だから、運よく花森安治の絵や文字などを目にすることができた。
本当に運よく、と思う。
花森安治の絵や文字の原点は
「暮らしや居住まいこそ何よりもの発見と創造の場だ」
という感性から発している気がしてならなく、それは何となく感性の中にも入ってきた。

花椿、暮らしの手貼、McSister。
この3つの雑誌を何となく触れていられたこと。
それは、私に最も自分らしい視覚を与えてくれた気がする。


スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。